電力自由化-ガス自由化と流れてきたが

まだこんなのがあるようです。これでは否認しても意味はない。

新電力では基本的に10電力の料金から1円マイナスの料金となっており、緊急時の駆けつけサービスに関して、出張費がかかるなどのことも選択要因として考えておかなければならない。競争の原理が機能するするかどうかはこれからだろうが、原発事故の処理も関係して電力・ガスの統合再編も視野に入って来ているかも知れない。

電気料が3割安に…違反「節電変圧器」を関電管内460軒に設置 大阪府警、東京の業者を送検、業務用電力を流用
2017.1.10 産経新聞から

電気契約に違反する変圧器を飲食店に設置し電気代を不当に下げ、関西電力の料金徴収を妨げたとして、大阪府警捜査1課は10日、偽計業務妨害容疑などで東京都渋谷区の電気工事会社「アークインターナショナル」の男性社長(54)ら5人を書類送検した。社長は「客が損をしないよう節電事業をしただけ」と容疑を否認している。

書類送検容疑は昨年5月中旬~翌6月下旬、大阪市天王寺区の飲食店に関電との契約に違反する変圧器を取り付けて電気料金を安くし、関電の料金徴収を妨害したなどとしている。

同課によると、ア社の大阪支社では平成27年7月以降の1年間で、個人経営の飲食店を中心に約460軒と契約。設置工事費が十数万円、レンタル代も月約7千円かかるが、本来は冷蔵庫やエアコンなどに使用が認められている業務用の割安な電力をほかの小型機器にも流用するため、料金が2~3割安くなるという。

関電が昨年6月、ア社を府警に告訴していた。関電によると、契約違反の変圧器を設置すると、免れた分の3倍の違約金を請求される場合がある。

カテゴリー: エネルギー, 太陽光発電, 省エネ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です